1回目コロナワクチン接種をしました

ライフスタイル

大規模接種センターで1回目のワクチンを接種してきました。

デルタ株が噂されるようになってから、今までほとんど聞かなかったコロナ感染者を身近に聞くようになりました。東京に住んでいる身としては不安でしょうがないです。

大規模接種センターの予約が取れた

自治体の一般ワクチン接種は8月下旬以降でないとワクチンが供給されてこないようなので、何もしないよりはと毎週月曜と木曜の18時から行われている大規模接種センターの予約を(覚えているときは)試みていました。

アクセスしても18時からずっと予約集中の画面。サイトの応答を待っている間に30分ほどで予約いっぱいで終了しました。人気歌手のチケット並に予約が取れないと噂には聞いていたのですが、ほんとにとれないです。

スマホでしか試みていませんが自動でリロードされるのでアクセスした順に予約画面にいける仕組みになっているのかなと思いました。

・スマホの画面がスリープしないようにする
・18時ちょうどにアクセスする
・事前に予約画面を見ておいて必要な情報を準備しておく(予約時間以外にサイトにアクセスすると入力項目を見ることができます。)

上記に気をつけていたのと、たまたま17時55分くらいに公開されていたときにアクセスしたのが運が良かったのか、予約を取ることができました。予約が取れたらラッキーくらいの気持ちでやっていたので逆にびっくりしました(笑)。

いざ会場へ

いちおう大規模接種予約サイトにマイページがありますが持ち物が別のページにあったりしてちょっとわかりづらいです。

持ち物
・自治体で配布の接種券(最悪なくても打てる)
・予診票(書いて持っていく。最悪なくても打てる)
・身分証明証(絶対に必要)

大手町の会場もちょっとわかりづらい場所にあります。万が一わからなかったら案内で立っている方に聞けばきっと大丈夫。

プレハブのような場所で受付をしてから、建物内の接種会場へ行きました。
待合椅子がたくさん用意されていましたが、座ることなくどんどん案内されていました。システマチックに対応されているスタッフさんのオペレーションがすごくて「日本人ってすごい…」と思いました。ベルトコンベアーに乗った野菜になった気分。

何度か問診があり、注射へ。とても痛いと聞いていた筋肉注射はそこまででもありませんでした。
次回の接種の予約をし、15分ほど待合室で体調不良などないか待機して(人によっては30分みたい)から帰宅。所要時間は30分でした。

注射した箇所の絆創膏は家に着いてからはがすように言われたので、見えて気になる方は半袖で行ったほうがいいかも。

その後の経過

1〜2時間経つと腕をあげると痛くなりました。10センチくらいしか上がらなかった(笑)。じんわりとした痛みも続きます。でも家の中で生活する分には、とくに困ることはなかったかな。それ以外の不調はありませんでした。

翌日 腕は水平くらいにはあげられるように。常にあったじんわりとした痛みはなくなりました。ワクチンのせいかわかりませんが頭痛とだるさも少しありました。(だるいようなだるくないような、という程度)

3日目 夕方になると「モデルナアーム」という腕に5センチくらいのうっすらとした赤みが出るようになりました。赤みの部分を触ると痛みますが、日常生活に支障はありません。

4日目 腕は普通にあげられるようになりました。赤み(8センチくらいに広がってきた)と頭痛があります。長くても2週間程度でよくなるとのこと。人によっては接種から1週間後に遅れて副反応が出る場合もあるそうです。

5〜6日目 赤みが引いて4センチくらいに。さわってもほとんど痛くないが、軽いかゆみが出る。

7〜14日目 かゆみがぶり返し、8センチくらいの前回より強い赤みがでる。痛みはほぼなし。2、3日の周期でかゆみ・赤みが引いたりぶり返したりしながら徐々に回復。

まとめ

1回目の接種で副反応が出ると思っていなかったので驚きました。ワクチンが効いている証拠と思うことにします。2回目はちょっと心配。でもコロナで辛い症状が出るよりはましかなと思います。また経過報告しますね。

タイトルとURLをコピーしました