【妊活日記】保険適用後、不妊治療(体外受精)でかかったリアルな費用は?高額医療費制度・医療費控除も使える

WEBデザイン

私は会社員をしている普通の30代女性です。
体外受精で赤ちゃんを授かり約4ヶ月の不妊治療を終えました。

ちょうど不妊治療の保険適用がはじまる4月から治療を開始したので、費用はほとんど保険適用されています。実際、費用がいくらかかったのかまとめてみました。

スポンサーリンク

2022年4月から、不妊治療の保険適用が開始

令和4年(2022年)4月から、タイミング法・人工授精等の「一般不妊治療」、体外受精・顕微授精等の「生殖補助医療」について、保険適用されることになりました。

それまでは自由診療で、後から補助金を受け取るシステムだったため、先に高額の支払いをする余裕のない夫婦などは不妊治療が受けづらい状況でした。本当に菅元総理には感謝。

不妊治療の保険適用の条件は?

  • 治療開始の時点で女性が43歳未満
  • 女性が40歳未満の場合は子ども一人に対して最大6回まで
  • 女性が40歳~43歳未満の場合は最大3回まで

このように年齢によって回数の上限がついています。女性の年齢が上がるにつれて体外受精の成功率が下がることや、43歳を過ぎると体外受精で出産に至る割合が5%以下になることなどが、年齢制限を設ける理由だそうです。

条件がつくことに賛否ありますが、たしかに実際に治療をしてみると「やめどき」がわからないので、こうして条件がつくことでひとつの判断基準にできると感じました。

スポンサーリンク

体外受精の流れ

ステップアップ法と言って、タイミング法・人工授精と段階を踏んで体外受精をすることもありますが、私は年齢や婦人科系の病歴も考慮して体外受精から始めました。(とくに医師から勧められたわけではなく、自分の判断です)

月別の体外受精の流れ

費用をお伝えする前に、わかりやすくするために私が実際に行った治療の流れを月単位でまとめておきます。他にもいろいろな治療法があると思うので一例として参考にしてください。

(1)前準備の月

ホルモン剤を服用し、採卵のためのホルモン状態を整える。この月はとくに通院はなし。

(2)採卵の月

ホルモン剤で排卵を誘発し、複数の卵子を育て、採取。採取できた場合は受精・培養させ、胚を育てる。この時期が一番通院回数が多く(私は週2回くらい)、費用がかかる。

(3)胚移植・妊娠判定の月

受精・培養した胚を子宮に戻す。妊娠判定を行い、妊娠していれば卒業。

私が体外受精にかかった費用

体外受精と聞くと、いくらくらいかかると思うでしょうか?(私は最初、50〜100万円くらいかかってしまうんじゃないかと思っていました。)

それでは、私が実際に保険適用を利用して体外受精にかかった費用を月毎にまとめてみます。

(1)前準備の月

・治療前の検査代・・・約20,000円(風疹抗体検査やAMH検査など)

・治療代・・・約6,500円

・薬代・・・約1,500円

合計 約28,000円

(2)採卵の月

・治療代・・・約25,000円

・薬代・・・約10,000円

・採卵・培養代・・・約135,000円

※ちなみに、私の場合は採卵できた卵子と受精・培養できた胚が平均より多かったためやや高額になっています。半額くらいで済む方もいます。

合計 約170,000円

(3)胚移植・妊娠判定の月

・治療代・・・約45,000円

・薬代・・・約10,000円

・妊娠判定後の経過観察代・・・約15,000円

合計 約70,000円

<全期間合計>268,000円

多いと感じるでしょうか?意外とかからないと感じるでしょうか?私は不妊治療を始める前までは、一人妊娠するまでに50〜100万円くらいくらいかかるのかなぁと漠然と考えていました。そのときと比べると、かなりほどよいところでおさまったと思います。

さらに、保険適用になったことで高額医療費制度が使えるので、ここからさらに費用が戻ってきます。

高額医療費制度で費用が一部戻ってくる!

高額療養費制度とは、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、ひと月(月の初めから終わりまで)で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。
※入院時の食費負担や差額ベッド代、保険適用外の治療は含みません。

年収約370~約770万円(標準報酬月額が28万~50万円)の方は『80,100円+(医療費-267,000)×1%』、ざっくりいうと80,000円を超える分が戻ってきます。
年収約370万円以下(標準報酬月額が26万円以下)の方は57,600円を超える分が戻ってきます。

先ほどの月別の治療代と合わせてみると年収約370~約770万円の方の場合、約170,000円かかっている月は80,000円の差額分の90,000円が戻ってきます。(実際は保険適用外の治療には適用されなかったりするので、誤差はあります)

そう考えると、実際に負担する額はさらに減るので、とてもありがたいですよね。詳しい内容はご自身が入っている健康保険組合で確認してみてください。追加の給付金が受けられる場合もあるようです。

医療費控除も受けられる

医療費控除とは、1年間に支払った医療費が一定額を超えたときに、医療費の額を基に計算される所得控除を受けることができるものです。

計算式は『(実際に支払った医療費の合計額-保険金などで補てんされる金額)-10万円』、ざっくり言うと年収200万円以上の方は医療費の負担額が年間10万円を超える場合は対象です。(年収200万円未満の方は10万円未満でも受けられます。)

高額医療費制度で戻ってきた分を差し引いても、医療費の負担額が年間10万円を超える場合は医療費控除も受けられるので、確定申告でぜひ活用してください。先ほどの例では高額医療費制度で戻ってきた分を差し引いても178,000円なので控除が受けられますね。

まとめ

私が実際に保険適用後の不妊治療でかかった費用についてまとめました。漠然と「不妊治療はとてつもなくお金がかかるもの」と思っていましたが、保険適用になることによってある程度安心して受診できるようになり、念願の赤ちゃんも授かることができました。ほんの一例ですが、参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました