女性は30代になってからのほうが楽しく、生きやすいって本当だった

ライフスタイル

20代後半になると、「30代は楽しいよ〜!」と先輩に言われていました。実際、30代になってどうよ?という自分の感想を書いてみました。

スポンサーリンク

学生時代の30代のイメージ

小学生の頃は、自分の母親が30代。中学生・高校生でも大人なイメージなのにその上なんて想像がつきませんでした。でも、30歳からは「おばさん」と呼ぶのが正しいんだろうなと思っていました。

少し成長して中〜高校生の頃は、もともと自立心が強かったため早く大人になりたいと思うような子でした。おしゃれにも敏感になってきて、シャツやブラウスにちょっとアクセサリーをつけるだけでもカッコよくきまる「ザ・素敵な30代」に憧れを持つように。

外見だけじゃなくて経験も知識もたくわえている30代以降の大人の女性って素敵だなと本当に思っていました。

スポンサーリンク

20代の頃の30代のイメージ

かっこいい30代女性に憧れる気持ちは変わりませんでしたし、ふつうに綺麗な人が多くて、子どもの頃に「30歳からはおばさん」と思っていた印象はまったくなくなりました。

一方で、世間で「20代が終わる=女として華の時期が終わる」みたいな風潮があるのがちょっとショックでした。
なので20代後半になると「30代を迎えた女性はどんなことを考えているのか?何をしているのか?」にすごく興味があって、自分の指針になりそうな考えを探したりもしていました。

実際に30代になってみて

では実際に30代に入った後、どのような変化があったかというのを考えてみました。

メンタル面

やっぱりちゃんと大人

同年代と話をしていると「こんなんで30代突入していいのかなぁ〜」なんて話をしていましたが、冷静に考えるとみんなちゃんと大人です。当たり前だけど年齢なりに分別もあるし、自分の意見を持っているし、こうやって生きていきたいという思いも持っています。家庭がある人は家庭のことしっかりと考えています。

精神的により安定した

30代になって一番はこれかな、と思います。自分の扱い方がわかってきて、怒ったりすることはあっても長引かせないとか、以前はPMSでイライラしたり涙が出たり…というのも、その時期の過ごし方がわかってきて落ち着いて過ごせています。

他者との距離感や、なにか精神的に揺さぶられたときの対処法も身についてきました。昔は言い返したりしたような出来事でも、一度自分のなかで噛み砕いてから冷静に伝えるとかして、あとで「あんなこと言ってしまった…」と自己嫌悪しないようになったかな。

涙もろくなった

年々涙もろくなります。CMでも涙を浮かべるようになってきてしまいました。とくに子供とか動物系は弱いです。命が大切なのは子供の頃から理解していますが、最近はより一層に尊く感じますね。若い頃はすぐに枯らしてしまった植物をちゃんと愛でられるようになりました。

仕事面

いい意味で身の丈がわかってきた

これは職場の先輩や雑誌のインタビューなどで女優さんが言っていたことです。20代の頃は「あきらめないでもっと上を目指せばいいのに!」と思っていましたが、そういうことではありませんでした。

「いい意味で」というのがミソで、自分の好きなこと・得意なこと、嫌いなこと・向いていないことがわかってきて、『自分の魅力がわかる』ことです。自分のフィールド・輝ける場所がわかるとも言えます。

とにかくがむしゃらに頑張っていた頃に比べると、得意なことで勝負して、苦手なことは取捨選択する、ととても生きやすくなりました。

ライバル心を抱かなくなった

ほんとねー20代の頃は仕事すごく頑張ってたなぁと思います。そのおかげで今があるし、今も仕事は好きなのですが、勝手に同僚をライバル視して一人でイライラしたりもして、自分自身でストレスを溜めていました。

ライバルがいること自体はいいことなのですが、精神面に影響がある戦いかたはせず、尊敬の気持ちで参考にさせてもらうと考えるようになりました(負けたくないからというのももちろんあります笑)。

無理して人脈を作らなくなった

以前は人脈をつくれない人は人間的魅力がないと思い込んでいて、オフ会ありのセミナーに行ったりサークルに行ってみたりしていました。今思うとすごい思い込みなんだけど(笑)。

もとから人と打ち解けるのに時間がかかるタイプだし、人と集まるのもあまり好きじゃないのでしんどくてやめてしまいました。

今は自分から必死に動かなくても、できる範囲のアクションや偶然の繋がりでも人脈がつくられているので、「これでもできるんだ」と思ってやっています。

美容・プライベート面

体型や肌質が安定した

ハリツヤ的な意味で言ったらもちろん若い頃の方があるのですが、肌トラブルや体型の安定具合でいったら今の方が断然落ち着いています。
ホルモンの影響もあるし、食生活が整ってきたり、自分の体の扱い方がわかってきたこともあると思います。

外見の若々しさで言ったらこれから劣っていく一方だけど、「これも素敵」って思えるような生き方・考え方をしていきたいなと思っています。

創作物をより深く楽しめるようになった

昔は理解できなかった本や映画の深いテーマの意味や登場人物の心情がわかるようになりました。人生経験を積んで視野が広くなったからかなと思います。

あとは、人から今まで知らなかった「楽しみ方のポイント」を教えてもらったり、雑学が増えることで「これは〇〇のオマージュだ」(パロディも)と気づけるようになったりして、けっこう楽しいです。

自分の心地いい生活がわかってきた

今までは無意識に流行やリア充的な生活を追いかけていたものが、今では自分が本当にしたいことに集中できているなと感じます。週末になったら「友達と会わなきゃ!」から、「お気に入りのカフェで読書しよう」になったり、インドアがコンプレックスだったのが「いかに自宅をより快適にするか」に注力しはじめたり。
誰だかわからない自分の中の他人の目よりも、自分の好きなことにフォーカスできるようになりました。でもデザイナーとして、流行りのものは知っていないといけないのでいいバランスでいきたいです。

まとめ「今が一番いい!」と言いたい

劇的な変化、というよりは「そういえば以前と比べるとこうだなぁ」としみじみ感じることをまとめてみました。

私は「過去に戻りたい」と考えたことがなく、毎日「今の自分が一番いい」し、そうなれるようにと思って過ごしています。20代もいいこと楽しいことたくさんあったし、30代もいいこと楽しいことがたくさんあります。

30代はちやほやされないし女としてもう下っていくだけ、みたいな言い方する人もいるけど(とくに婚活市場…許さん…笑)自分のことがわかっていて、自分のご機嫌を自分でとることができる。こんなに楽しくて生きやすいなんてこれからの人生がより楽しみです。

日本の、世界の女性たちが伸びやかに生きられますように。

タイトルとURLをコピーしました